睡眠時無呼吸症候群検査

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)とは睡眠中に10秒以上の呼吸が停止、無呼吸が5回以上繰り返される病気です。主に、いびきや昼間の眠気、熟睡感がない、起床時の頭痛などの症状があります。また、SASは生活習慣病と密接に関係しており、放置すると生命の危険に及ぶこともあります。また、SAS特有の眠気は自動車を運転中に交通事故を起こす危険もあり、早期に適切な治療をすることが大切です。

症状を放置してしまうと・・・

高血圧や不整脈、動脈硬化を促進するという報告もあり狭心症、心筋梗塞、脳卒中などの合併症を引き起こす危険性が増加します。しっかりと治療を受けましょう。

検査のお申込みについて

現在、お申込みは、ご所属の健康管理室経由でのお申込みとなります。
看護職へお問い合わせください。

検査内容

郵送式簡易キットをご自宅にて、鼻および口の先に付けたセンサにより、睡眠中の無呼吸や低呼吸の程度を客観的に把握する検査となります。

検査費用

無料(当健保全額補助)

判定方法

A~Fまでの5段階を判定します。