健康診断(人間ドック・節目人間ドック等)

普段健康な方でも、定期的に身体のチェックをすることは大切なことです。
私たちの健康保険組合では、被保険者およびご家族の健康保持のため、疾病予防活動に重点をおいて事業を展開しています。
人間ドックは、会社の定期健診等を補完するため、健康保険組合が健診機関等と契約して随時受診できるようにしており、健康保険組合から利用料金への補助を行っております。また、2022年より「節目人間ドック」と称して35歳から5歳ごとに、人間ドックの利用に対する補助を拡大しております。
そのほか、一般・簡易・婦人科健診は、「健診受診機会が少ない被扶養者のみなさんの疾病の早期発見」、「女性特有の疾病の早期発見」などを目的とした健康診断です。

※健診データはご本人への結果通知とは別に、健診機関から東電健保にも提供されますのでご了承下さい。
なお、東電健保が受領したデータは、特定健診・特定保健指導に関する目的および、国の事業計画に基づく疾病予防・重症化予防につなげる「データヘルス計画」事業に関する目的(これにより事業主と健診データを共有する場合もあります。)以外には、一切使用いたしません。

人間ドック等の健診の種類と対象者

※利用補助は、いずれかの健診メニューを年度内1回のみとなります。

健診メニュー メニュー別対象者
被保険者 被扶養者 任意継続
男性 女性 男性 女性
契約健診機関 人間ドック
東電一般健診 × ×
巡回・集団健診 × ×
東電簡易健診 × ×
特定健診(市区町村) × ×
婦人科単独検診 × × × ×
契約外医療機関 婦人科検査費立替払い × × × ×

※健診予約時に当健康保険加入者であっても健診日時点で、資格を喪失した方は健保補助を受ける事は出来ません。資格外が判明した場合は全額利用者負担となりますので、ご了承ください。また、遡って資格を喪失した場合、資格喪失日以降に健診を受診していた分については後日精算となります。

検査項目

細かい検査項目は健診機関によって多少異なりますので、詳細は直接健診機関へお問合せください。

検査項目 健診メニュー 市区町村健診
(40~74歳の方)
日帰り
人間ドック
東電
一般健診
東電
簡易健診
身体測定
血圧測定
心電図
肺機能検査
眼科検査※1
聴力検査
胸部X線
胃部X線※2
腹部超音波
血液検査※1
尿検査
便潜血
内科
前立腺(PSA)検査※3
2018年度より追加

40歳以上の男性

※1 健診メニューにより項目が異なります。
※2 基本は胃部X線検査となります。2018年度より日帰り人間ドックで胃カメラに変更可能な健診機関については、上限額まで人間ドックの健保補助に含まれます。
上限額を超えた場合は個人負担となります。健診機関により金額は異なりますので、申込の際は各健診機関へ確認ください。
※3 40歳からの前立腺検査を実施していない健診機関がありますので、契約健診機関一覧を参照するか、健診機関へ確認ください。
※4 その他オプション検査項目については、各健診機関へ確認ください。

上記全ての健診メニューおよび婦人科単独検診に対応

検査項目 実施項目 健診メニュー 市区町村健診
(40~74歳の方)
日帰り
人間ドック
東電
一般健診
東電
簡易健診
乳がん マンモグラフィ

 

 

○※

 

 

○※

 

 

○※

 

 

エコー
視触診
子宮頸がん検査

※本人の希望により検査を選択。
※乳がん・子宮頸がん検査につきましては、健診機関によって実施項目が異なるため、ご予約時に健診機関へ確認をお願い致します。

節目人間ドック費用補助

東電健保では、加入者の皆さまに人間ドックの受診をおすすめしており、通常料金で50,000円程度かかる人間ドックについて契約健診機関で受診した場合、一律自己負担額10,000円のみで受診できるように、従来から利用補助を行っております。
今般、さらに人間ドックの利用促進を図るため、「節目人間ドック」と称しまして、35歳から70歳までの5歳ごとの節目年齢の被保険者および被扶養者の皆さまが当該年度に人間ドックを利用された場合に、皆さまからの申請にもとづき自己負担額の10,000円についてキャッシュバックを行い、実質無料で受診できるようにいたします。
対象者の方には、東電健保より、毎年3月中旬に『節目人間ドック補助のご案内』を送付いたします。

補助対象者

当該年度、35歳、40歳、45歳、50際、55歳、60歳、65歳、70歳になる被保険者、被扶養者の方
※2022年3月末時点の加入者の方で2022年4月2日~2023年4月1日に上記年齢の誕生日を迎える方が対象です。
※補助申請時点で東電健保を脱退した方は、東電健保マイページから申請ができませんので、健康保険組合までご連絡をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。(マイページにログインすることはできますが、節目人間ドック補助金の申請はできません)

お問い合わせ

補助対象となる人間ドック

当該年度:4月1日~翌年度3月31日までに、東電健保の契約健診機関で受診した人間ドック
※順天堂大学医学附属順天堂医院の人間ドックは除く

補助金額(キャッシュバック額)

人間ドック受診の際の自己負担額 10,000円
※オプション費用は除く

添付書類

契約健診機関が発行した領収書

【領収書の注意点】

※領収書には下記①~⑤の全項目の記載がないと補助金の支給はできませんので、ご注意ください。
記載がない場合は医療機関等に補記いただくよう、お願いいたします。

①対象者氏名
②健診機関名
③受診日
④窓口支払額
⑤「人間ドック」を受診した記載がある領収書

領収書見本

支給方法

申請書の審査後、会社の給与支給日に各人の給与と合わせて「健保給付金」として振り込みます。

<具体的な申請の仕方>

① 受診を希望する東電健保の契約健診機関に直接電話をして、人間ドックの予約をしてください。
 ※インターネットで申込みをすると、医療機関によっては契約とは別の扱いとして、全額自己負担となる場合があります。
  その場合は、補助の対象とはなりませんので、ご注意ください。


② 人間ドック受診当日、契約健診機関へ自己負担額をお支払いいただき、必ず領収書を受け取ってください。

③節目人間ドック補助金の申請は『東電健保マイペ-ジ』より行って下さい。
なお、申請は 「1人ごと、当該年度1回の申請、1つのエビデンス(領収書の画像等)」 がポイントとなりますので、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

申請手順書はこちら

●スマートフォンからの申請する場合

【操作手順について】
①スマートフォンで東電健保マイページを開く。
(GoogleやYahoo!等で「東京電力健康保険組合」で検索し、ホームページを開いていただき、東電健保マイページにログインする。)
②マイページから「節目人間ドック補助金申請」を押す。
③申請画面にしたがって入力し、『アップロード』ボタンを押し、『カメラ』・『写真を撮る』等を選択。
④対象者にお送りした申請台紙上部に記載の対象者氏名が入るように領収書をのせて写して下さい。
④申請が複数ある場合は、『次の対象者を入力』を選択し、お一人ごと、1回ごとにそれぞれ③の手順で申請をお願いします。
⑤『入力内容を確認する』をクリックし、申請画面を確認後『申請する』をクリックし、申請を完了する。

●ご自身のPCから申請する場合
撮影した画像データをPCへ転送し、アップロードしてください。

●会社のPCを使用する場合
撮影した画像データをPC上へアップロードする際、ファイル授受環境(Filezenおよび平文フォルダ)の利用が必要となります。

〇申請には電子データ(領収書の画像など)を利用するので、スマートフォンからの申請が簡単です。
※東電健保マイぺージ未登録の方は恐れ入りますが、東電健保マイページ登録後に節目人間ドック補助金申請を行ってください。
なお、東電健保マイページのID・PWをお忘れで、登録されているメールアドレスも不明な方は「お問い合わせ」よりご連絡ください。

※東電健保マイページの初回登録は、こちらからアクセスして登録をお願いいたします。

東電健保マイページ初回登録手順はこちら

人間ドック受診時のPCR検査費用の取扱いについて

東電健保の契約している健診機関で人間ドックを受診する際、新型コロナウイルスのPCR検査を行う健診機関があります。PCR検査費用の健保補助の考え方は以下のとおりとします。

①PCR検査の実施が利用者の「任意」である場合には健保補助の対象とはしません。
②PCR検査の実施が何らかの理由で「必須」であり、利用者の費用負担となる場合については、東電健保までご相談いただきますようお願いいたします。
③対象受診期間:2022年4月1日~2023年3月31日