健康保険被扶養者の認定に関するセルフチェックのお願い

2020年11月18日

日頃より、当健康保険組合の事業運営にご理解・ご協力を賜り、誠にありがとうございます。
 さて、すでに5月中旬に周知しましたとおり、当健康保険組合では毎年6月以降、被扶養者の資格調査(検認)を法令に基づき実施しておりますが、新型コロナウイルス感染症の拡大による影響等を考慮し、今年度の「検認」は中止させていただきました。
今年度につきましては、書類の提出は不要ですので、以下の点をセルフチェックいただきますよう、よろしくお願いします。

 1.お子様の就職等による扶養減申請は完了していますか?
  →ポジティブで扶養減の入力をしただけでは手続きは完了しておりません。ポジティブ入力後印刷できる「扶養減申請書」の提出と共に「該当者の東電健保の保険証」を返却して手続きが完了となります。
 
 2.扶養されているご家族の収入額は基準額を超過していませんか?
  →令和2年1月~12月の収入額が、60歳未満130万円、60歳以上180万円を超過しないことが扶養認定の基準額です。(給与収入は交通費等含む控除前の金額であり、手取り額ではありませんのでご注意ください。)
   基準額を超過している場合は、ポジティブより扶養減の手続きをし、申請書ならびに保険証の送付をお願いします。

 3.別居のご家族に対する継続的な仕送りをしていますか?
  →別居のご家族を扶養する場合は、生計維持の証明として仕送りに関する毎月の振込明細が必要です。
   来年度の検認実施時には提出をお願いしますので、保管をお願いします。

 4.保険証の記載は正しいですか?
  →氏名(漢字、フリガナ)、生年月日等の記載が正しいかご確認ください。違っていた場合は健康保険組合までご連絡ください。
   
以 上