インフルエンザ予防接種費用補助の実施

2021年9月30日

日頃より、健康保険組合の事業運営にご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございます。
東電健保では、今年度のインフルエンザ予防接種に対し下記のとおり費用補助を行いますので、予防接種を受けられる予定の方はあらかじめご覧ください。

なお、新型コロナワクチン接種とインフルエンザワクチン、その他の予防接種との間には2週間以上の間隔をあける必要があると言われておりますのでご注意ください。

1.費用補助対象者
  被保険者および被扶養者(東電健保の被保険者証をお持ちの加入者)

2.対象予防接種
  インフルエンザ予防接種(新型・季節性等ワクチンの種類を問わない。)

3.接種方法と健保補助の取扱い  詳細
  以下のいずれかの方法をお選びください。

(1)東電健保からご案内する提携医療機関での接種(「提携医療機関一覧表」
詳細 をご覧いただき、提携医療機関へ東電健保の加入者であることを伝えて、予防接種の予約をしてください。
「予防接種補助券」をダウンロードし、必要事項を記入して、接種日当日、予約した医療機関へ提出してください。
③接種日当日は、健保補助を差し引いた自己負担分のみをお支払いただきます。
(あらためて東電健保への補助申請は必要ありません。)

(2)一般の医療機関での接種
従来通り、ご自身で予防接種を受ける医療機関を予約し、予防接種を受けてください。
接種当日は接種費用全額をお支払いただき、健保補助額については、後日、東電健保へマイページ等により申請をお願いします。

 4.今年度の費用補助額・回数
予防接種費用の実費に対し、被保険者・被扶養者それぞれ一人当たり2回を限度とし、1回につき2,000円の補助を実施します。
なお、接種費用が2,000円を下回る場合は、実費額までを補助します。
(消費税がかかる場合は、税込みの金額とします。)
  
5.健保補助の対象となる接種期間
  2021年10月1日(金)~2022年1月31日(月)

6.健保補助の申請期間
  2021年10月1日(金)~2022年2月18日(金)

●なお、本件に関する問い合わせは、「お問い合わせ」からお願いします。