紫外線対策をしましょう【Comic@News】

2019年8月7日

健康保険漫画NEWS
漫画を読む

春先から夏にかけては、日差しが強くなり、紫外線(UV)が増えてくる時期です。太陽光には、赤外線や目に見える光(可視光線)のほか紫外線が含まれています。適度に紫外線を浴びることは、不足しがちなビタミンDを体内で生成するのに必要ですが、浴びすぎると日焼けやそれに伴うシミやシワ、皮膚がん、白内障などに影響があります。男女に関わりなく、対策をとることが大切です。

紫外線は、波長の領域によって、A、B、Cと分けられ、それぞれ性質が異なります。最も波長の短いUV-CとUV-Bの一部は地表まで届きません。UV-Bは日焼けやシミだけでなく、皮膚や眼にも有害で、皮膚がんのリスクを高めるとされています。波長が長めのUV-Aは、雲やガラスなど透過しやすい性質で、多くが地表に到達します。UV-Bほど人体に有害ではありませんが、肌の奥にも届きやすいので、シワ・たるみなどの原因となります。

紫外線の強い時期に大切なのは、できるだけ太陽の光を避けること。外出はなるべく太陽の高くなる時間帯を避け、日陰を利用しましょう。

衣服で肌を覆うほか、帽子や日傘などを使うのも有効です。また、目も紫外線の影響を受けるので、必要に応じてサングラスや紫外線カットのメガネなどを使いましょう。

日焼け止めを使うのも効果的です。選ぶときに役立つのが、SPFとPAの表示です。SPFはUV-Bを防ぐ効果、PAの方はUV-Aを防ぐ効果を示す値です。ただ、紫外線防止効果が高いものは、肌への刺激が強い成分が使われていることが多いので、シーンや肌の状態に合わせて使い分けるとよいでしょう。