年末年始の届出書類の取り扱いについて

2023年12月1日

年末年始の扶養認定等の届出書類につきましては、以下の取り扱いとなります。

 <年末の取り扱い>
令和5年12月26日(火)健保受付分まで → 令和5年12月27日(水)に審査
(健康保険証の発行・郵送を含む)
  
※出生に伴う扶養増申請、急な入院等で必要となった「限度額適用認定証」の発行については、12月27日(水)健保到着分まで受付いたします。
※令和5年12月28日(木)の審査業務は、健保基幹システム締め作業のためお休みとなります。

<年始の対応>
令和6年1月4日(木)から受付

◆扶養増申請についてご注意ください◆ 
ご家族が年末年始の期間中に退職(例:12/28、1/1など)され、退職後、間を空けずに当健保の扶養に入れたい場合につきましては、事実日から1ヶ月以内に届出をご提出ください。
1ヶ月を過ぎますと扶養認定日は当健保へ書類が届いた日となります。
なお、届出をご提出いただいても、当健保の定めた扶養認定基準を満たしていない場合は、認定されませんのでご了承ください。
  
※必要書類収集等の理由で届出が遅くなる方で、かつ、扶養の認定をお急ぎの方は、下記ご相談先へ「基幹事業会社、社員番号」を伝えてご連絡ください。

(内線)908-50119


◆「限度額適用認定証」の発行が間に合わない場合でも安心ください◆
限度額適用認定証の発行が間に合わず、窓口で総医療費の3割分をお支払いいただいた場合でも、後日、健保から付加給付を受けられるため、最終的な自己負担額は20,000円となります(申請は不要)。
※同一の医療機関で1ヶ月、1件ごと。
※市区町村の助成を受けている方は対象となりません。
※保険適用外の分については付加給付の対象となりません。

なお、マイナンバーカードの保険証利用登録をして情報共有に同意することにより、限度額適用認定証の提示が不要です。
  

≪ご相談先≫ 908-50119
※「基幹事業会社、社員番号」を伝えてください。担当へお繋ぎいたします。
ご家族様からのお問い合わせについては、個人情報管理の観点からお受けできませんので社員(被保険者)を通じてお問い合わせください。
また、メールでの対応をご希望の場合は、「健保ホームページお問い合わせフォーム」にてお問い合わせください。
https://www.todenkenpo.jp/contact/