東京電力健康保険組合

東京電力健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
Loading

家族の加入と脱退について

健康保険では、被保険者だけでなく、被保険者に扶養されている家族にも保険給付を行います。この家族のことを「被扶養者」といいます。被扶養者として認定されるためには、「家族の範囲」と「収入」について一定の条件を満たしている必要があります。

POINT
  • 被扶養者となるためには、健康保険組合の認定を受けなければなりません。
  • 被扶養者の異動があった場合は、5日以内に届出をしてください。

家族の範囲

被扶養者となれる家族の範囲は、三親等内の親族と決められています。さらに、同居・別居により、条件が異なります。
被扶養者認定取扱細則

収入の基準

被扶養者となるためには、「主として被保険者の収入によって生計維持されていること」が必要です。

同居している場合 別居している場合
対象者の年収が130万円(60歳以上または障害者は180万円)未満で、被保険者の収入の2分の1未満であること 対象者の年収が130万円(60歳以上または障害者は180万円)未満で、かつ、その額が被保険者からの仕送額より少ないこと

ただし、被保険者の年間収入の2分の1を超える場合であっても、被保険者の年間収入を上回ることなく、かつ、当該被保険者がその世帯の生計維持の中心的役割を果たしている場合は認めることとする。

被扶養者の異動(変更)があったら

結婚や出産などにより被扶養者が増えたときや、就職や別居、死亡などで、それまで被扶養者に認定されていた家族が被扶養者の認定基準を満たさなくなった場合は手続きが必要です。

扶養者の資格確認について

健康保険組合では、皆さまからお預かりしている保険料から支払われる保険給付の適正化を図るため、厚生労働省の指導に基づき、毎年扶養者の資格確認を実施しています。
この調査は、お子さんが就職したあとも被扶養者から外す手続きを忘れたり、収入額の変化により認定基準から外れているのにもかかわらずそのままになっていたり等、過去に被扶養者として認定されたご家族の状況が現在も維持されているかどうかを確認するために調査するものです。
確認時に収入証明などの書類を提出いただきますが、これを提出しないと扶養資格が取り消される場合もあります。
特に別居されている方を扶養している場合は、仕送り証明など仕送りの事実確認ができるものを毎月保管し、いつでも提出できるよう準備していただくようお願いします。

ページ先頭へ戻る