東京電力健康保険組合

東京電力健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
Loading

医療費の公費負担

公費負担の認定を受けているとき

当健保では医療費の自己負担額が一定額を超えた方に対して、健保給付金を支給しておりますが、市区町村等においても、乳幼児や特定の病気の方等を対象に、病院等の窓口で支払う全額または一部を市区町村等が負担している制度(医療費助成)があります。
その制度を受けた場合、健保給付金は支給対象外となりますが、医療費助成制度は各市区町村ごとに取扱いが異なっており、健保では助成内容が正確に把握できません。その結果、医療費助成と健保給付金の重複受給となり、健保給付金を返還していただくケースが発生しています。
このような、後日精算を防止するため、当健保へ申請が必要となります。

例:重度心身障害医療費助成、ひとり親医療費助成、妊産婦医療費助成など。

  • ※乳幼児(こども)医療費助成については、届出は必要ありません。
    ただし、所得制限等により助成が異なる地域もあります。市区町村等にて助成が受けられない場合は健保にて精算いたしますので、ご連絡ください。
  • ※名称や助成内容は市区町村により異なります。詳細は市区町村窓口へご確認ください。

ページ先頭へ戻る