東京電力健康保険組合

東京電力健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
Loading

立て替え払いをしたとき

事故で負傷し治療に急を要するときや、旅行先で急病になった場合などで、保険証を持っていないときは、とりあえず医療費の全額を負担することになりますが、あとで健康保険組合に申請すると払い戻しを受けることができます。
払い戻しを受けられる額は、いずれの場合も基準額をもとに法定給付と付加給付に分けて支給されます。療養費を請求するときは領収書と診療内容明細書が必要になりますので、必ずもらっておいてください。

立て替え払いをしたとき

申請方法 申請書を作成し、送付ください。
(下記「申請書類」をクリックするか、ホームページTOP画面「申請書一覧」から出力)
申請書類
添付書類 下記参照
提出先 健康保険組合 社内便:健康保険組合(東尾久ビル)宛
           郵 送:〒116-0012 東京都荒川区東尾久5-31-11
                  東京電力健康保険組合宛

添付書類

療養費の支給対象事由 申請書に添付する書類
急病のため、保険証を持たずに受診したとき 医療機関が発行する領収書、診療内容明細書
または打ち出された療養費支給申請書の右側に医師に証明
生血液の輸血を受けたとき 医療機関が発行する領収書、医師の理由書(輸血を必要と認めたもの)
保険医の指示により、義手・義足・義眼・コルセットなどの治療用装具を購入、装着したとき 購入した際の領収書、保険医の意見書(療養費支給申請書に直接記入してもらってもよい)
靴型装具の申請の場合は当該装具の写真(患者が実際に装着する現物であることが確認できるもの)
保険医の同意を得て、はり・きゅう、あん摩・マッサージ・指圧の施術を受けたとき
  • ※当健保では請求方法について「委任払い」を選択しております。施術者へ、その旨お伝えいただき、「委任払い」での請求をお願いします。
領収書、保険医の同意書
施術所の所定用紙の「療養費支給申請書」(はり・きゅう用)または(あん摩・マッサージ用)
9歳未満の小児が小児弱視等の治療で眼鏡・コンタクトレンズを作成・購入したとき 購入した際の領収書、保険医の作成指示書コピー、検査結果コピー
四肢のリンパ浮腫治療のための弾性着衣等を購入したとき 領収書、保険医の装着指示書
スティーヴンス・ジョンソン症候群および中毒性表皮壊死症の眼後遺症により、輪部支持型角膜形状異常眼用コンタクトレンズを購入したとき 領収書
保険医の作成指示書等の写し(備考として疾病名が記載された処方箋の写し等支給対象となる疾病のため指示したことが確認できるもの)
臍帯血・骨髄等を輸送したとき 領収書、保険医の意見書(傷病名・搬送理由・搬送元・輸送方法・区間等の記載があるもの)
  • ※コピーと記載があるもの以外の添付書類はすべて原本が必要となります。

海外で病気やけがをしたとき

申請方法 申請書を作成し、送付ください。
(下記「申請書類」をクリックするか、ホームページTOP画面「申請書一覧」から出力)
申請書類
添付書類
  • 医療機関が発行する領収明細書
  • 診療内容明細書(海外用)
    (外国語で記入されているときは、日本語に訳したもの)
  • 申請対象者のパスポートのコピー
    • ※氏名記載欄と海外旅行等に出かけたことがわかる部分(出国・入国のページ)等
提出先 健康保険組合 社内便:健康保険組合(東尾久ビル)宛
           郵 送:〒116-0012 東京都荒川区東尾久5-31-11
                  東京電力健康保険組合宛

緊急で入転院したとき

申請方法 申請書を作成し、送付ください。
(下記「申請書類」をクリックするか、ホームページTOP画面「申請書一覧」から出力)
申請書類
添付書類
  • 医師の証明書(申請書に記載ください)
  • 医療機関等が発行する領収書
提出先 健康保険組合 社内便:健康保険組合(東尾久ビル)宛
           郵 送:〒116-0012 東京都荒川区東尾久5-31-11
                  東京電力健康保険組合宛

ページ先頭へ戻る